忘備録

編み道楽に縫い道楽

BRIBERY



先週不在通知が入っていた日本からの小包が行方不明捜索中です。
アメリカの郵便ではこういうことは珍しくありません。
なのでヤマト運輸問題を聞くと本当にバカバカしくてため息が出ちゃう。
日本人の、過剰サービスを当たり前に求める姿勢がイヤになる。
こちとら時間指定なし、時間外なし、日祝なし、の配達で、届けば万々歳。(国際小包の話)
トラッキング(追跡)もあってないようなもので、トラッキングナンバーを打ち込んで
「your package was lost(行方不明です)」って出てきたこともある。
再配達の手続きっていうのもあるけど、そうするとなくなる可能性がアップするので
私は毎回郵便局まで取りに行くことにしています。

FedExも、UPSも、USPSほどではないけどどこも色々と問題があります。
前回はFedExにこの世に一つしかない(多分)私の幼少の頃のアルバムをなくされる寸前まで行ったし。
今回はそんなにすんごい大切なものってわけではないけどせっかく送ってくれた人がいるので是非見つけたい。

郵便局にはない。
郵便局で渡されたマネージャーの電話はかけても誰も出ない。
あと、残りの頼みの綱は配達員だ!
ってことで、お手紙を書いてポストに貼っておきました。
わざと、心情に訴えかけるように息子にも一筆書かせました。
賄賂のアイスクリーム券30ドルも入れました。
(これは義ママが毎年50ドル分くらいくれて、うちでは食べる人がいないので腐るほどある)

アメリカに来たばっかりの友達に「こんなことしないと見つけてくれないの?郷に入っては。。。」
と言われたけど、郷に入ってはではありません。
多分アメリカでこういうアプローチに出る人は少ないと思う。
もっと訴えてやるー!ギャー!!って人が多いと思うけど、私の経験から言って
だいたいそういう風に言っても郵便屋さんはこの程度の苦情に慣れてるので響きません。

昔村上春樹が「苦情は7分褒めて、3分けなす」のが良い苦情の書き方
と言っていたのを読んで以来必ずそうしています。

さあ どうなるでしょうか。





-
スポンサーサイト
  1. 2017/04/11(火) 11:52:36|
  2. SF/CA/USA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<NCCBF 2017 | ホーム | SUPER BLOOM>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://snowy.blog5.fc2.com/tb.php/3005-541bfde4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)