忘備録

編み道楽に縫い道楽

IN LOVING MEMORY OF RITA



図書館で借りて読みました。
今の朝ドラのモデルになってる人のニッカの竹鶴夫婦の話by森瑶子。
1990年の本です。

ドラマに比べたらすごくシビアな感じ。当たり前だけど。

マッサンと望郷、同じ元ネタだけど両方フィクションなので 
ああ、描き方次第でこんなに違うのね、と思いました。

竹鶴は玉鉄に比べたら全然ダメ男じゃないし、リタはエリーよりも怖い。

でもやっぱりこの時代の国際結婚はすごい。
私もよく「世が世ならこの結婚て違法なのよね。」と思ったり、
「戦争中だったら敵同士だわ」と思ったりするので。

やっぱり自分が置かれてる環境とどれだけシンクロするかで何事も感動の度合いが変わります。
昔美大時代には世間でどんだけボロクソに言われてるような映画でも
「親元を離れて友達ひとりいない街に行って夢追う女」みたいな話には弱かった。
朝ドラも、先週の「国際結婚で異国にいるほうががんばって仕事してる」って言うシチュエーションに
「わたしも!わたしも!」って思ったしな。
だから国際結婚してない人がどう思うかはわからないけど私はじわーーーんと感動しました。

この本も、24年も前の本は(と言っても初版の本じゃなかったかもしれないけど)装丁し直されて
中もボロボロでシワシワできっとサンフランシスコで国際結婚した人が何人も手にして、
読んで涙して来たのだな〜としみじみ思いました。

ただ、このクソ忙しい時に長編を期限付きで読んだのは間違いでした。
最後の方は味わわないで丸呑みしたように慌てて読んじゃった。


スポンサーサイト
  1. 2014/11/10(月) 13:06:53|
  2. cinema/book
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<NEW STANDARD | ホーム | TO DOs>>

コメント

リタ、怖いんだ?  
そこ笑っちゃったわー。
  1. 2014/11/10(月) 14:56:26 |
  2. URL |
  3. suga #-
  4. [ 編集]

うん。めちゃ怖い。
最初はエリーの可愛らしい元気なイメージで読み進めて行ったのに段々アレレ?となる。
エリーっていうよりブラックバーン校長先生(花子とアンね)みたいな感じ!!

やっぱり朝ドラってドタバタ劇だね。
  1. 2014/11/10(月) 16:01:54 |
  2. URL |
  3. ユキ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://snowy.blog5.fc2.com/tb.php/2614-1d7b8be2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)