忘備録

編み道楽に縫い道楽

FIRST DAY




昨日はキャンプ初日。
アメリカのサマーキャンプは昔のテントはって泊まりがけでやるようなのではなく
(もちろんそういうキャンプもあるでしょうが)
要は長い夏休みをやり過ごす働く親のための学童のような感じです。
毎日通います。
今までは通っていたプリにサマーキャンプがあったので
知らない子たちが集まる(しかも上はティーンまで!)キャンプに初参加の息子。

朝から緊張

キャンプドロップオフの体育館の前でマーライオンゲロ

でもがんばるって言うのでバイバイ。しかし会社に着いてすぐ「迎えにきて下さい」コール。

旦那さんが体育館に行って励ます。がんばって公園に行くことに。

公園に行くバスの中でゲロ。「迎えにきて下さい」コール。

旦那さんが公園に行くと元気いっぱい走り廻ってる。
息子、帰らないでキャンプに残る、と言うので許可をとって旦那さん帰宅。

旦那さん帰宅直後にまた気分が悪くなったので「迎えにきて下さい」コール。

旦那さん迎えに行って、家でワークブックをさせる。
おもちゃは全部大きい段ボールに入れて、TVもなし。

お昼食べる。

シクシク泣きながらお昼寝。

夕方、私の会社まで車で迎えにきてくれる途中でゲロ。
(これは乗り物酔いのせいかもしれなくて、キャンプとは無関係??)

元気にトレジョーで買い物。
しかし帰りの車でまた寝ちゃう。

帰宅後微熱。
でもごはんはいっぱい食べる。

薬&氷枕で寝る。

てな感じで、キャンプに行きたくないから具合が悪いのか
ほんとにどっか具合が悪いのが判別できず。
わたしも旦那さんも仮病っ子だったのでまずその線から攻めてるんですが
同僚にはまったく仮病を疑わない人もいて、そういう人ってきっとなんにでも
進んで参加してエンジョイできるタイプのこどもだったんだなーってある意味感心。
そういう人にとっては私たちは「こどもが1日3回ゲロっても病院に電話ひとつしないひどい親」なんだろうな。

わたしも旦那さんも仮病っ子とはいえ、完全なウソ病ではなくて
「嫌だ、嫌だ」と思っているうちに段々本当に具合が悪くなるっていう
同じタイプのこどもだったので本当の仮病っ子ってわけではなく。
息子もその血をしかと(ダブルで)受け継いでいるみたいです。

元気だった後に具合がまた悪くなったのはなんで?って聞いたら

「他の子たちがうるさかったから」

ってオメーは蓮子様か!!


これでキャンプに慣れたころにキンダーへ以降、そしてまた同じ用に慣れるまで
私たち振り回されるのねん。

今朝は熱も下がって、自分から「キャンプ行く」と言って
今のところ(午後1時)コールはなしです。

がんばれ!!


-
スポンサーサイト
  1. 2014/06/10(火) 12:02:13|
  2. ABOUT A BOY
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<NIGHT OF 15 | ホーム | CHUCK E. CHEESES>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://snowy.blog5.fc2.com/tb.php/2537-f3f51690
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)