忘備録

編み道楽に縫い道楽

HERITAGE

upload

1年くらい前にママンが「すんごく良いから読め」と言って置いて行った本をやっと読んだ。

帯のコピーが「ママ、いったいいつになったら死んでくれるの?」だったので
さぞかし介護が長引くんだろうと思っていたら1年くらい。
要介護のママもわがままは言うけど、別に汚物をこねくり回したりとかそういうのもない。
主人公、姉妹もいてお金もあって自宅介護でもない。
のにすっごい面倒見たっぽい風に書かれているので 自分大好きな人ぽくてあんまり同情できない。

中流家庭育ちの価値観で周りの人を値踏みして勝手に哀れんだりするのもなんだか共感できない。

全体的には読みやすくてテーマの割には軽く読めるけど、中盤、母と祖母の生い立ちの章は、
幼いのに祖母とか10代の母、とかの主語が「祖母」「母」のままなのに「叔父」とか「夫」とかは
主人公から見てじゃなくて母から見てのそれだったりでなんだかよくわかりづらい。
これは私の読解力に問題あり?

終わり方も、私は好きじゃなかったな。(ネタバレあり)
500ページも散々不幸自慢してきて最後の1ページで東日本大震災で幸せに気づくとか 
え?そうなる?ポカーーーン

要所要所面白い箇所はあったけど。
昼の銀座で着物を来た姉妹がカクテルを飲みながら
「私の2000万あげるわ」
「あらいいわよ」って…すごい世界。
私も50代になったら共感できるのでしょうか。
いや、ないな。

-

昨日新しいiPhoneが発表になりましたね。
私は驚かれるけどiPhoneユーザーではありません。
いちいちバージョンアップする度に大袈裟に発表するのにイライラする。
その度に欲しい欲しいって言う人も不思議に思うし、
実際半年前に大枚はたいてまたこれだからアップルの思うつぼでは、、、

で、新機能をエラそーに語られると
「そんな機能もう私の電話に3年前からついとるわ!!」
と言いたくなる。

ウソだけど。

ついてないけど。

-
スポンサーサイト
  1. 2013/09/11(水) 07:58:56|
  2. cinema/book
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<TOY TESTING | ホーム | HEIDI TOTE>>

コメント

利用者担いで右腕イワす。それが介護。
  1. 2013/09/12(木) 01:50:02 |
  2. URL |
  3. ワシやワシ #-
  4. [ 編集]

この小説を大絶賛したのは、登場人物に共感するというよりは、日本語の素晴らしさに、だった様に記憶してる。確かに不幸だけど、(特に体力がなくて直ぐ具合悪くなる)お金の心配はないし、入れる施設がなくてにっちもさっちもいかない、、じゃないし。
それと共感しないんだけど、その人の心のひだまでこっちに見える様な気がして、著者の筆力に感動した!

自分の母の最期を思い出すと、この本の母の様なわがままは一切言わない人だった。でもあたしはきっとわがまま言うと思う!覚悟せよ、ユキ!!

ワシやワシって最近マイミクになったの?それとも、誰か改名したの?某画伯とか。
  1. 2013/09/12(木) 06:00:40 |
  2. URL |
  3. ビオラのママ #-
  4. [ 編集]

あ、これ今読もうとしているやつ。「介護の部分は別に痛々しくないけど、自分の事情と重ね合わせたりして悶々とする」とこれを読んだ人たちが言っていたけど、たぶんユキちゃんの言ってることと同じようなことかも。読んでみるー。
  1. 2013/09/12(木) 08:47:32 |
  2. URL |
  3. きょうたん #-
  4. [ 編集]

私は心のひだよりも、どんだけ壮絶な介護だったのか期待してたからなー。右腕イワすくらいの。
自分の事情と重ね合わせて悶々とするのはわかるけど(渡る世間みたいな)、悶々としてるところにセレブ発言があったりするから急に冷めちゃう。
  1. 2013/09/12(木) 10:02:41 |
  2. URL |
  3. ユキ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://snowy.blog5.fc2.com/tb.php/2400-0d874f4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)