忘備録

編み道楽に縫い道楽

DIAMOND HAT

先日、余り物の毛糸で編んでみたらサイズが赤ちゃんサイズだった帽子。



大人サイズで作り直しました。




余り糸なので全く同じには作れないけど糸を消費し切れた時の喜びはひとしお。
そしてギリギリで糸が足りなくなった時の悔しさもひとしお。



ザ・夏休みの小学生なので真っ黒けに日焼けしていてニット帽が似合わないことこの上ない。



-
スポンサーサイト
  1. 2017/07/28(金) 13:10:28|
  2. CRAFT/HANDMADE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SAN DIEGO YARN

IMAG1669.jpg

IMAG1668.jpg


宿の近くに毛糸屋さんがあったから行ってみた。

こんな↑いかにもカリフォルニア!!!って感じのところに。
サンフランシスコは夏でもモヘアとかバルキーなのとか、暑苦しい毛糸がわんさか売ってるけど
ここはそういうのは片隅に寄せてあって、やっぱりサラッとしたショールとか靴下とか用のがメインでした。

サンディエゴローカルの毛糸をひとかせだけ買ってみた。
でもローカルとは言ってもローカルで染めてるだけでウール自体はローカルではないような、、、
ボストン産のマグロを築地で裁けば江戸前寿司、みたいな。

違うか。



まあ、でもこういう I <3 SD! みたいなTとかマグとかじゃない、
自分だけがこれはサンディエゴの〜ってわかってるお土産はいいね。

さすがの私でも、サンディエゴの気候だと編み物しまくるって気分にはならなかった。
やっぱりサンフランシスコは一年中ニット日和だから、居心地がいいわけだ。

-
  1. 2017/07/26(水) 13:28:08|
  2. CRAFT/HANDMADE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LEGOLAND 2017



3年前にも息子と二人で来た。
前回はやっぱり疲れると抱っこ〜とか言ってたし私とっても疲れたけど
今回は荷物も持ってくれたし、目先のもの(レゴ)につられて行ったりしないし。
前回は準備して全く行かなかったウォーターパークにほぼずっといました。

レゴランドのクーポン、今年もレゴバットマンの映画公開中にもらったんだけどなくしてしまって
でもeBayで子どもはタダになるクーポンが99¢で出てたのでそれで購入。
事前に下調べもして、1日開閉自由のロッカーが10ドルなのとかもわかっていたので
荷物を持ってパーク内をさまようこともなく。
ただ、肩の日焼けが尋常じゃない。



前回も同じ写真を撮っていたけど、つい撮ってしまうレゴサンフランシスコ。
カクカクのミニチュア。
うちはこのエリアのすぐ近くなので息子は「自分もレゴになってるかも!!」とかって
しげしげ見てがっかりしてたけど、さすがに8歳でそれは、、、バカなのか?


-
  1. 2017/07/25(火) 08:21:57|
  2. SF/CA/USA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

SAN DIEGO 2017



アが毎年オタクの祭典コミコンに行って、私がいつもブーブー文句を言っているので
今年は私と息子もサンディエゴまで行くことになり。
3年前も一緒に行ったけど、息子も5歳から8歳になりかなり成長したので前ほど大変じゃないはず。

そして今年はアイスランドに行って思いっきり観光をしたわけだけど
なんでアイスランドの自然は見に行くくせにカリフォルニアのカッコイイところは見に行かぬ?自分よ。
と思い、ちょこっと名所にも行きました。
でも本当の名所からはズレていた。
(すぐ近くまで行ったのに右に行かずに左に行ったり。)



サンディエゴのオールドタウン。
石とか化石とかが好きな息子のチョイスで。
お店の人とアンバーに埋まってる虫とかの話で盛り上がっておった。



カブリロナショナルモニュメント付近。



モニュメントの写真は撮ってない。

ここでも崖の下の地層を見たかったのに間違えて山の上に行ってしまった。



サンディエゴも意外とスモッグがかってた。



CROWN POINT PARKというところ。
入江の中なので波がなく、サンフランシスコと違って水温が低くないので夕方でも泳いでる人がいた。



ミッションビーチ。

-

結局、一緒に行ったはいいがずっとコミコンに通い詰めのアとはほとんど顔も合わせず置き手紙生活。
サンフランシスコにいて「お父さんが遊びに行ってしまって数日いない」っていうのと
「わざわざサンディエゴくんだりまでついて来たのに数日お父さんと会わない」っていうのでどっちもどっち。
むしろ前者の方がお金の節約になったのでは、、、と思わざるをえない。
夕方以降は息子と私、宿に二人っきりでテレビのない宿だったので二人で頭くっつけて
タブレットで映画を見たりで、アと一緒に行くっていうのは何の解決策になってない気がしました。

4日後の父子の比較。

IMAG1691.jpg

(アにこれFBに載っけてよって言われたけど肌色問題はレイシストとか言われそうだからここで)





-



  1. 2017/07/24(月) 10:54:25|
  2. SF/CA/USA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BEANIE CLUB

#ひとり帽子部というハッシュタグで帽子を編んでいるニッターさんがいますが(私がインスタフォローしてるニッターさん)
私もそれです。
波があるので編みまくる時もあれば全く編まないで何ヶ月も過ごしたりします。
最近「毛糸買いたいの我慢ダム」が決壊してしまったので在庫処理として編んでます。
やっぱり大作と小物を並行して編むのが良いです。
小まめに完成した達成感を味わいたいので。



これは去年の10月に編んだのがブカブカだったので解いて針の号数を下げて全く同じものを編んだ。
何やってるのか、、、と思いながら。
そしてやっぱりまだブカブカ。
でももう解かない。



てっぺんで緑の毛糸が足りなくなった帽。




アイスランドの帰りの飛行機で編んだ帽。



編んでみたら赤ちゃんサイズだった帽。

-


  1. 2017/07/14(金) 09:31:10|
  2. CRAFT/HANDMADE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ORDINARY WORLD

ordinary world

過去(90年代)にバンドでそこそこ成功したけど今は普通のおっちゃんの
ミッドライフクライシスの話。
主演はGreen Dayのビリージョー。
私の周りにこんな人わんさかいるのでめちゃくちゃ共感してしまった。
子どもの学校のパパ友と馴染むのもなんかなー。共通項ねえし。
かと言って昔の仲間と昔のようにはっちゃけることもできない。


-
  1. 2017/07/13(木) 08:50:28|
  2. cinema/book
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

THE MUSIC OF JOHN WILLIAMS



「お母さんの音楽はうるさい」とのたまう息子(8)は映画音楽が好きなので
ジョン・ウィリアムスの音楽をサンフランシスコシンフォニーが演奏するコンサートに行ってきました。

オープニング1曲目から息子がいちばん好きなジュラシックパークのテーマで
「感動して泣きそう」と言いながら目を閉じてうっとり顔でヘッドバンギングしてました。

ジュラシックパークのテーマで。

ジュラシックパークのテーマで。

そしてハリーポッターのテーマでも、静かにノリノリでした。

ハリーポッターで。

もういいか。

その他、インディアナジョーンズとかE.Tとか。
息子はよく80年代のファミリー映画を見てるので(見せられているので)楽しめました。

後半はスターウォーズ。
ダースベーダーのテーマではダークサイドの皆さんがいらっしゃったりしました。

2017-07-07_09-10-25

スクリーンもないし、途中で寝ちゃうかなーと思ったけど最後まで楽しんでました。

まだしばらくは、「お母さんの音楽はうるさいし、よくない言葉が入ってる」と怒られる日が続きそうです。


-
  1. 2017/07/07(金) 08:16:23|
  2. MUSIC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4TH OF JULY 2017

昨日はアメリカの独立記念日でした。
この6月で引退した義継父がフリーモント市のパレードのグランドマーシャルとして呼ばれて
照れ隠しなのかなんか知らんが「息子(孫)も一緒にパレードに出したい」と言うので行ってきました。

2017-07-05_09-31-02

ビデオには私の周辺にいた誰か、おっさんの声で
「ミスターXXXX!(義継父)サンキュー!!サンキュー!!」
と言っている声が入っていて引退する義継父も嬉し悲しそうでした。

フリーモントは本当にいいところで、シリコンバレーのベッドタウンになっているので
インド系と中国系の移民が多い。(頭がいい人がいっぱい)
息子の後ろにいるようなターバン巻いてアメリカとかUSAとか書いてあるTシャツを着てる人がいっぱいいる。

2017-07-05_09-32-42

そして、彼らはパレードを待つ市民に水を無料で配っておった。

2017-07-05_09-33-57

いや、だからどーしたって話なんだけど、なんか最近のヘイトクライムとか差別とか色々嫌なニュースが多いから嬉しかった。
そしてフリーモントの市長を紹介されたんだけど、若い中国系アメリカ人の女性だった。
白人の中年男(副市長)を従えていてカッコよかった!

さらにどーでもいい話だけどこの車

2017-07-05_09-30-30

ボンネットに猫が乗っておった!!!

てことでこのパレードを以って義ママたちはLAに完全に戻りました。
遠くなる分、いいことも悪いこともあるけど7年間大変だった〜。
でも、これからはアポ無しできて泊めないといけないっつー7年前まで悩まされてた状況に戻るわけで(略)。

サンフランシスコ市も一応独立記念日の花火をやるけど、だいたいは寒くて霧が出て何も見えないことが多いです。
この19年間一度も「くっきり見えた!」とか聞いたことない。
でもうちの周りは違法花火打ち上げ合戦が毎年繰り広げられていて今年はいつもよりグレードアップしてた!
これを住宅地であげるのは危険だよ〜ってのが一晩中バンバン上がっていました。



どうも、ここの住宅に住んでいるギャングと、数ブロック離れたところに住んでいるギャングがライバル関係にあるらしい。
ジェット団とシャーク団か。
花火の違法っぷりを競い合っているのか、あっちとこっちでバンバン大玉が上がってました。

-
  1. 2017/07/05(水) 11:41:46|
  2. SF/CA/USA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Me and Earl and the Dying Girl

  1. 2017/07/03(月) 07:35:02|
  2. cinema/book
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0