忘備録

編み道楽に縫い道楽

CLOSE KNIT

148078195293088341178.jpg

絶対観たいなーって思っていたのが、ちょうどサンフランシスコ日本映画祭で上映されるって知って
お友達と行ってきました。

期待を裏切らずにすごくよかった。
オチがよかったなー。

ただ、生田斗真の服がなんか変だった。
こう、ちょっと前のオバさんのよそ行きみたいな格好をしていて
私だったらもっと可愛くできるのにな、と思って残念だった。
カーディガンにコサージュとか。
黄色の寸胴ワンピとか。
オカマ(トランスジェンダー)感を出そうとしたのかな。

LGBTQに踏み込めてないっていうレビューを読んでいたけどそんなことなかった。
と言うかこれくらいのさりげなさが日本映画っぽくて変に問題提起してなくて良い。

待ち合わせに少し早く着いてしまったけどそこで編み物をして待っているのは
いかにも過ぎて恥ずかしいから本を読んで待っていました。

http://kareamu.com/

-
スポンサーサイト
  1. 2017/09/11(月) 08:07:22|
  2. cinema/book
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

DEATH NOTE(NETFLIX)

lightposter1.jpg

ヒマだったからアメリカ版デスノート観た!

超時間の無駄だった〜!!以外の感想ないし。

ただでさえしょうもない話が、アレンジされてさらにしょうもなくなってる。

Lが黒人だからあんまり引きこもりの不健康な感じがないし、
性格も熱くアクションもばんばんするのでコレじゃない感満載。

maxresdefault.jpg

リュークがウィレム・デフォーなのだけがちょっと豪華。
というか、スパイダーマンの時のグリーン・ゴブリンの時と同じ演技。

漫画はやっぱり漫画がいいね。

-
  1. 2017/08/30(水) 12:14:00|
  2. cinema/book
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MARCH OF THE PENGUINS



ペンギンが世界で2番目に好きな息子が喜ぶかと思って借りたのに
リアルなドキュメンタリーでペンギンがバタバタ死ぬので
息子泣いて脱落。。。
なんでこんなに悲しい映画を見せるんだ!って怒られた。

私はなんとか最後まで観た。


-
  1. 2017/08/28(月) 22:36:38|
  2. cinema/book
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NAGASAKI: MEMORIES OF MY SON





吉永小百合の使い方って、日本映画界で暗黙の掟でもあるのかいな。
すごく気を使われてるような。
いつもお母さん役とかはやるけどお婆さん役とかはしない(気がする)。
いくら実年齢より若く見えるからって、大学生(ニノ)のお母さん役は流石に違和感。
医大生だから普通の大学生より数年歳いってたとしても、この頃は出産も今みたいに高齢化してなかろう。
70代に見えなくても日本国民は吉永小百合が70代だって知ってるわけだから、見ててあれ?この配役もしくは設定おかしくない?って疑問に思う訳で。
病弱設定でゼーゼー言ってもつい「歳だからか」って思ってしまうし。
死んだ息子(お化け)と暮らしてるのも、母の想いっていうより「認知症気味の人」だし。
変に若い役するより普通に70代の役をやれば逆に「やっぱりキレイだねー」ってなると思うけど。


-
  1. 2017/08/24(木) 21:59:08|
  2. cinema/book
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ANNE FRANK



アメリカではタイムリーな話。
隠れ家で日記を書いてたことは覚えているけどその後どうやって死んだかとか忘れてたので読んだ。


-
  1. 2017/08/24(木) 12:00:02|
  2. cinema/book
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

DEATH NOTE

death note poster

今週末からNETFLIXでアメリカ版デスノートが始まるってことで、したり顔で
「なにあれ〜!サイテー」と言うために日本版の映画(古い方)を観ました。

あんないかにもマンガ、なことをアメリカ人の本気の演技でやって大丈夫なんでしょうか。
私はマンガだと思って見てるから楽しめるけど、ただのドラマとして観たらツッコミどこ満載ですわな。
1と2だけ観たけどあとはもういいや。


やっぱりマンガはマンガがいいね。

-
  1. 2017/08/22(火) 07:55:39|
  2. cinema/book
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LION




http://lionmovie.com/


-
  1. 2017/08/17(木) 08:21:00|
  2. cinema/book
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

THE BIG SICK

The_Big_Sick.jpg

http://www.thebigsickmovie.com/

みんながボソボソ話す感じの映画なのだけど、隣がIMAXでダンカークをやっていて
ドッカーンドッカーンっていうのがずっと聞こえててなんか残念だった。
面白かったけどね。


-
  1. 2017/08/15(火) 12:02:20|
  2. cinema/book
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ORDINARY WORLD

ordinary world

過去(90年代)にバンドでそこそこ成功したけど今は普通のおっちゃんの
ミッドライフクライシスの話。
主演はGreen Dayのビリージョー。
私の周りにこんな人わんさかいるのでめちゃくちゃ共感してしまった。
子どもの学校のパパ友と馴染むのもなんかなー。共通項ねえし。
かと言って昔の仲間と昔のようにはっちゃけることもできない。


-
  1. 2017/07/13(木) 08:50:28|
  2. cinema/book
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Me and Earl and the Dying Girl

  1. 2017/07/03(月) 07:35:02|
  2. cinema/book
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SUMMER READS



図書館で借りた本。
戦争とニットの歴史。
メモリアルデー(戦没将兵追悼記念日)の連休にピッタリ。
クリミア戦争から今のアフガン戦争まで。
最初はもちろん戦地で必要なもの(防寒等)を作るとこがニットの役目だったわけだけど
今は兵士の癒しとしての役割が大きいとか。そういうこと。
関係ないけどYarn Bomb(編み物奇襲)の章もある。



息子は2年生が終わったところ。
この学年は後半一人ずつ各章を書いて1冊の本にするっていうプロジェクトをやっていて、その本が学年最後の日に来た。
2年生の考える話、まるで面白くないし、アバンギャルドすぎて私には理解できません。
あと、湊かなえ祭り。
今リバース見てるし。
別にファンではないけどたくさんもらったので一気に読んでる途中。
積読本がたまるー。


-
  1. 2017/05/30(火) 09:57:34|
  2. cinema/book
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

THE WIZARD OF LIES

The_Wizard_of_Lies.jpg

昨日何の気なしに見てしまったら思ってたより長くて今日眠い。

マドフ巨額詐欺事件のTVムービー(HBO)。
バーニー・マドフがロバートデニーロ。
嫁がミシェル・ファイファー。

実話に基づく話で、結末知ってるのに見ちゃう。
結局金はどこに行ったんだ〜!って引っ張り、最後まで謎のまま終わった深夜1時。


-
  1. 2017/05/23(火) 08:26:12|
  2. cinema/book
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GIRLBOSS

girlboss.jpg

今私が見てるドラマNetflixオリジナルのGIRLBOSS.

これまた私の周りで観てる人がいません。

ミレニアルあたりにサンフランシスコに住んでる働きたくないシングルガールが最初めちゃ貧乏でそこから這い上がっていく話。

私も同じ頃に「ダンジョン」って呼ばれていたオンボロで狭くて危ない住民だらだけど立地だけはいいアパートで一人暮らしをしていたので正に私が一番サンフランシスコで遊んでいた時期と丸々被っているわけですわ。そして、同じくらいの時に商売を始める。つっても私はガールボスにはならないで素直に社畜になりましたが。

私がなんで社畜になったかってーと、ヘルニアの手術をしたことが大きいんだけどこの主人公もヘルニアになってその手術のため(医療保険のため)に仕事をする!その仕事先が私が行った大学の受付兼警備員。先輩に「美大生とホームレスの見分け方」を教わったりする。私、まさにその美大時代にホームレスにホームレスと間違われたことがあるんで。

ウィル・スミスのサンフランシスコの映画の時もそうだったけど、土地勘がある人が見るとすごく不可思議なシーンもたくさんあるけどね。ミッションからカストロに行くのになぜかヘイト方面からの坂を下ってカストロに着いたり、カストロの角を曲がったらLowerヘイトだったり。でも当時の、これから今のサンフランシスコになっていくヒッピーな街からテックな街への過渡期の感じが懐かしい。
色々と地元ネタがちりばめられてるのでサンフランシスコを知らない人が見てどれくらい面白いと思えるのかはわからないし、ストーリーとか脚本とか自体はそんなにすごく良いってほどまでは行かないし、主人公も最初はトゥレッツかってくらい無意味にファッキンファッキン言ってるけど、これまたサントラが良いです。
サントラを売ってないのが非常に残念ですが、私の嫌いなSpotifyにガールボスチャンネルがあるのでそこで毎日聴いています。

最近はみんな家のテレビが大きいからか、時間に縛られるっていうのが現代のコンセプトに合ってないからか、映画よりテレビのいいドラマをストリーミング「binge watch」で見てってうのが主流になってきています。ハリウッドの皆さんも前だったらテレビドラマなんかやらなかったような人たちが映画からテレビに職場を移して大変そうですね。

-
  1. 2017/05/12(金) 13:31:00|
  2. cinema/book
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BIG LITTLE LIES

Big Little Lies

ちょっと前だけど久しぶりに、面白い!と思うドラマでした。
面白いというよりも、私の好みにドンピシャだったのかな。
好みと、あと今自分のいる環境とか。
結婚していて、小学校低学年の母で、カリフォルニアに住んでる。
(でも独身子なし25歳の同僚も面白いと言っていた)

8話だからすぐ見終わる、っていうのも私の好みにぴったり。

ゾンビとか、ドラッグとか、異次元の世界とか、女王様とか話題のドラマは見ているけど別に好きではないのです。

これはサントラが秀逸で、最近ずっと聴いてます。

これ以外では今やってるのではBreaking Kimmy SchmitっていうNETFLIXシリーズが好きだけど
周りに見てる人が全くいない、、、
先日始まったGreat Newもちょっと面白いと思ってしまった自分のTina Fayの好きさ加減が嫌になった。

-
  1. 2017/04/27(木) 10:20:11|
  2. cinema/book
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HAPPY FRIDAY!

今とあるビッグ・パーリィの実行委員になっていてそれの大詰めでなんかすることがいっぱい。
私は嫌なことにはノー!と言えるタイプですが、
自らすすんでやりたくはないがそんなに嫌ではないことにノーと言えないタイプなのです。
そういう人が一番仕事を抱えてる気がする。

と言っても本も読んでるし、編み物もしてるので忙しい訳ではない。
なんとなくあれもしなきゃーってことを脳内で抱えてるだけです。

最近では林真理子の『白蓮れんれん』を読みました。
その前に森見登美彦の本を読んでいたのだけどどうしても読み進められなくて
挫折した後に読んで、こういうゴシップ系の本はさらりと読めてしまう自分のバカさが
なんかイヤになりました。
柳原白蓮の話。
東洋英和にいた時代のことと、駆け落ち後のことはあまり書いてなくてまるまる不倫の部分だけ。
その後のことが知りたいやんけ!と結局ウィキペディアで読む。
むしろウィキの方が読み応えがあったような。。。

私は本は家ではあんまり読まなくていつも持ち歩いてるのですごくボロボロになってしまいます。
今読んでる本は友達が貸してくれた本で、信じられないくらいピカピカなので日本人らしくカバーをかけています。
日本では本にカバーをかけて読んでる人の方が多いと思うけど
こっちではカバーかけてる人なんて皆無なので 逆に
「カバーをかけないと読めないようないかがわしい本を読んでいる」
と思われていそうで(被害妄想)恥ずかしい。



明日、ついにビッグ・パーリィが終わるのでひと段落〜。精神的にも肉体的にも時間的にも。

みなさま良い週末を。

-
  1. 2017/03/10(金) 09:56:18|
  2. cinema/book
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ